身の医療研究会に参加しました。

2019.05.12 Sunday 19:00
0

    関西大学堺キャンパスで行われた、身の医療研究会・第5回研究交流会に行ってきました。

     

    身の医療研究会、失体感、TFT

     

    ワークショップは、鎌田穣先生の「各種瞑想法の違いについて」、岡本直子先生の「TFT(思考場療法)」に参加しました。

     

    午前の「各種瞑想法」では、500以上あるといわれる瞑想法の中から、いくつかの瞑想法を実習しました。マインドフルネスのルーツである仏教の瞑想や、ヨーガにおける瞑想などにも触れられました。

     

    昼休みは、ネットワーキング・スモールパーティに参加し、昼食をとりながら、参加者同士で交流するというものでした。ヨーガ療法士の女性が大多数のようで、心理士で男性の私は最初は場違い感を感じていましたが、私の隣に座っていたお二人のヨーガ療法士(お一人の方は自称「鎌田先生の追っかけ」とのこと)の方が気さくな方で、とても楽しいお話が出来て良かったです。

     

    午後の「TFT」では、講義の後の実習で、受講者がペアになり、各自の悩みを交代でTFTで処理しました。私と私のペアの方も施行数分で、悩みのSUD(主観的苦痛度)が5→0に下がり、「あら〜」(笑)でした。

     

     

    ワークショップの後の講演では、「失体感」がテーマで、失体感の診断、治療、内受容感覚、脳画像研究の発表などを聴きました。講演の内容は非常に興味深かったのですが、ネットワーキングパーティで、ヨーガ療法士の方に「食べられるでしょ」と勧められた残ったサンドイッチを食べ過ぎてしまったため、眠気が襲ってきました。朦朧とするなかでふと、先ほどTFTのワークショップで岡本先生が「PR(というツボ)をトントンたたくと眠気が取れる」と言っていたような気がしたのを思い出し、秘かにトントンしてみると、眠気が取れたのです(笑)。

     

    以上、研修に参加したレポートでした。今後の臨床に役立つものがあったと感じ、有意義な研修でした。

    category:学会・研修 | by:松山武史comments(0) | -
    Comment








       

    Calender
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM